「入田」と「Liquors IRITA」

日本酒の造り酒屋の象徴でもある杉玉は、酒神・大神神社(おおみわじんじゃ)の三輪山のスギにあやかったと言われ酒の神様に感謝を捧げ、いいお酒の完成を祈願するものであったと言われています。

杉玉と家業である酒屋の屋号「入田」をシンボルマークとして意匠化することで古来からの日本酒文化・伝統を表し、先祖から伝わる酒造りや酒文化への誇りや想いを継承していくことを表現しています。

Liquors IRITA

出会う場所

漢字の「入」は「入口」、「十」は「交差、重なり」を意味し、「交差の入口=出会う場所」を表しています。

また、Liquors IRITAの屋根の下で「出会い」が「輪」となり、「円」ができるということも表現しています。

「入」は末広がり、「丸」は永遠に続くものの象徴であり、「十字」は厄を払い福を招くことも踏まえています。

DSC_0550

店舗概要

店舗名
Liquors IRITA (リカーズイリタ)
オーナー 細田 恵
所在地 〒396-0023
長野県伊那市山寺1939
電 話 0265-98-0517
営 業 17:00~23:00
定休日 月曜日
アクセス 飯田線「伊那北」駅より徒歩約4分(300m)
大きな地図で見る

スタッフ募集中

Liquors IRITAでは一緒にお店を盛り上げてくれるスタッフを募集しています。

日本酒が好きな方、食べることが好きな方、人と話すことが好きな方…

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ビールサーバー